最新情報

2018-04-23 11:24:00

今後の入荷情報がまとまりましたのでご報告します。

 

エチオピアとケニアはニュークロップ(新米)が入港するまで入荷待ちとさせて頂きます。エチオピアは8月から9月頃の予定です。ケニアは早くて6月です。ケニアに関しましたら裏メニューか隔週販売にする予定です。これは価格が高騰しているため普段使いに適さなくなったのが一番の理由となります。

 

4月20日 インドネシア”マンデリン”ドロサングール地区小農家

5月10日 2017CupofProgressiveCerradWashorNatural優勝ロット

7月 APAS生産者協会品評会優勝ロット

 

 

年間販売スケジュール

12月~4月 ブラジルニュークロップに切り替え時期。少量生産のブラジルコーヒーもこの時期に販売。

 

5月~8月 ブラジルのコンテストロットや高標高で生産されるマイクロロットをこの時期に販売。

 

6月~9月 エチオピアニュークロップに切り替え時期(4月~7月前後は欠品の可能性有)。ケニアニュークロップに切り替え時期(2018年から限定販売もしくは隔週販売)。

 

7月~12月 中米ニュークロップ入荷時期。グァテマラ、コスタリカ、エルサルバドルなどを販売予定。その年の出来の良いコーヒーを入荷。

 

年間 コロンビアやマンデリンは物にもよりますが年間通して収穫があるためニュークロップ時期は変動します。

 

 

2018-03-29 12:18:00

春を通りこして初夏っぽくなりアイスコーヒーが売れ始めました!

 

新商品の入荷が遅れています。予定では4月下旬に毎年恒例のセラードコンテスト優勝ロットを販売開始予定ですが入港が遅れた場合5月初旬になりそうです。

 

4月のみブレンド用の素材がスペシャルティグレードの良い品質の豆になります。価格も据え置きです。5月からは通常使っているプレミアムグレードの豆に戻りますので是非この際にお試しください。

2018-03-06 09:21:00

最近浅煎りが好きだと言って来店されるお客様がちらほらと現れ始めました!

浅煎りの焙煎は非常に難しく一つ誤れば生焼けもしくはただの薄いコーヒーになってしまいます。自分自身もやっと上手く焙煎できるようになってきました。

当店は元々中深煎り好きのお客様が多く個人的に好きな浅煎りと中深煎りのコーヒーを多く販売していくことになると思います。

コーヒーの醍醐味である浅煎りのフルーティーな酸味と中深煎りのほろ苦いコーヒーを両方お楽しみください!

2018-02-24 13:25:00

3月限定のブラジル シャローン農園が販売開始となりました。とてもコスパの良いコーヒーでとにかくおすすめです!

定番のコーヒーにBeliefが加わりました。OldSchoolと共に苦味系コーヒーとしてお楽しみください。

エチオピアが中浅煎りから浅煎りに戻りました。やはり浅煎りのライトボディ(軽い)がぼくにはしっくりくるので・・・

2018-02-13 12:18:00

先日記した通りでブラジルコーヒーに強い商社様と仲良くさせてもらうようになってブラジルコーヒーを販売することが増えています。

3月から新しい定番ブレンドを販売予定でこちらには2種類のブラジルを使用予定です。一つはまとめ役、一つはアクセントを加える役。

4月後半からは毎年恒例のセラード地区優勝ロットのNatural精製、Wash精製の2種類を販売予定です。

6月中旬くらいかは樹齢100年ティピカという非常に珍しいコーヒーを販売(もちろん希少だけではなくトップスペシャルティの高品質品!)。

7月から8月には高標高で取れるマイクロロットを!

このように半年間くらいはブラジルづくしだと思います。どれもこれも同じブラジルではなくそれぞれに個性をしっかり感じられます。国だけでこんな味わいだろうと言う固定概念をお持ちのお客様が多いですがこの半年間で販売するブラジルコーヒーを飲めばそういう考えはもう古いのだと気づいてくれることでしょう!

 

ちなみにまだ2月ですが1月から現在まででもこれだけの販売してきました。

ブラジル セラネグラ農園レゼルバ

ブラジル カタンドゥーバ農園

ブラジル コンゴニアス農園

ブラジル プレミアムボイア

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...