ai珈琲 東広島の自家焙煎コーヒー専門店

最新情報、日々のこと

生豆品質情報と商品説明 最新版

2019 / 06 / 10  09:16

今季の豆が揃ってきたので品質情報と共に記載しておきます。自分用のメモでもあります。SCAA評価の点数も記載します。点数が高いほど業界的には品質が良いということになります。当店は点数がつけれませんのでバイヤーさんがつけた点数になります。ずっとやってるとだいたいこの豆はこんくらいの点数だろうなってのはわかってきますが・・・私はワインのボジョレーヌーボーみたいな評価はせず悪い時は悪いと言います。

 

 

ブラジル プレミアムボイア

SCAA評価76点~79点 プレミアムコーヒー

2016/2017クロップの特徴・・・記録なし

2017/2018クロップの特徴・・・貝殻豆がとても多いです。くせのないマイルドなコーヒーです。

2018/2019クロップの特徴・・・前年度より貝殻豆等の欠点豆が減りました。前年度と同じくマイルドでくせのないコーヒーです。品質規格的に派手さがないためわかりにくいですが過去最高の出来です。

2019/2020クロップの特徴・・・2020年春頃入荷しますが2018/2019より品質が落ちます。

 

コロンビア インサ

SCAA評価84~86点 スペシャルティコーヒーorトップスペシャルティコーヒー

2016/2017クロップの特徴・・・ラグアメラ農園産。欠点豆がとにかく多すぎて選別作業が大変です(´;ω;`)味わいに関しては価格に比べて品質の良さを感じます。

2017/2018クロップの特徴・・・ラグアメラ農園産。前年と同く欠点豆は多いです。ただし品質は前年より良くなりジューシーなコーヒーになっています。

2018/2019クロップの特徴・・・今年度より買付るバイヤーが変わりました。欠点豆が少なくケニアに似た味わいでとても素晴らしい品質です。

 

グァテマラ ワイカン(ニュークロップ9月頃入荷)

SCAA評価84~86点 スペシャルティコーヒーorトップスペシャルティコーヒー

2016/2017クロップの特徴・・・Natural精製のような甘い発酵感を感じる。価格のことも考えるととても素晴らしい出来。

2017/2018クロップの特徴・・・前年のような甘い発酵感は無くなってしまいました。それでも相変わらずコスパが良いコーヒーです。

    

エチオピアArsosala(8月頃入荷)

SCAA評価85~87点以上 トップスペシャルティコーヒー

2017/2018クロップの特徴・・・ウォリチュワチュはあまり良くありませんでした。ラヨタラガはアプリコットの風味が強く良いロットでした。

2019/2020クロップの特徴・・・

生豆説明:高品質品のみに現れるフローラルな香りと甘みとベリー感は格別です。バイヤー曰く今年の出来は良いそうなのでご期待ください!

   

コスタリカ(8月頃入荷)

SCAA評価-点 トップスペシャルティコーヒー

過去に販売したコスタリカ・・・ラスラハス農園ブラックハニー、ラスラハス農園イエローハニー

生豆説明:今年からコスタリカにも力を入れようと思っています。今まで販売したコスタリカはどちらかと言えば酸味がきついのを選んでいましたが今年はちょっとフルーティーなコスタリカコーヒーを選ぶ予定です。入荷候補はカンデリージャ農園ティピカ、ペラデルカフェミルイエローハニー、セロサンルイスミルブルボンです。 

 

パカマラ(8月頃入荷)

SCAA評価-点 トップスペシャルティコーヒー

2017/2018クロップの特徴・・・エルサルバドルのラスベンタナス農園とエルトロンピージョ農園を販売しましたが両農園ともとても素晴らしくお客様からも高い評価を頂きました

2019/2020クロップの特徴・・・

生豆説明:不定期にはなりますがパカマラという品種にフォーカスしたコーヒーを販売することがあります。大粒品種のパカマラにはチェリー、梨の風味に柔らかい甘みを感じます。

 

ビターケニア ニャラ農園(8月頃入荷)

SCAA評価85~87 トップスペシャルティコーヒー

2017/2018クロップの特徴・・・カングヌ農協を販売。バイヤー曰く入荷後すぐはそこまで評価が高かったわけじゃないらしく入荷後半年くらい経過してからが劇的に良くなったらしいです。実際当店の評価も高くお客様からの高評価を頂きました。

生豆説明:価格は高めですが他との違いをわかって頂けると思います。最近のケニアは中煎り以下の焙煎が流行していますが当店では中深煎りになります。なので商品名はビターケニアとします。高品質のケニアにはフローラルな香りにカシスや柑橘の風味を感じ甘みが強いです。2018年産はやや不出来らしいです。