• グァテマラ”ゲイシャ種”ラ・ソレダー農園

    季節限定

    【味わい】ダージリンティー、ジャスミン、オレンジの風味

    SCA評価:88
    生産地:チマルテナンゴ県アカテナンゴ
    標高:1650m
    品種:ゲイシャ
    精製方法:ウォッシュト
    輸送方法:リーファーコンテナ
    焙煎度:浅煎り

フィンカ・ラ・ソレダが設立されたのは1895年のこと。それ以来、地震がラ・ソレダの農 家の壁を揺らし、革命軍と反革命軍の内戦がグアテマラのコーヒー畑で起こり、アカテナン ゴ火山とフエゴ火山の数え切れないほどの噴火がグアテマラの野原を灰で覆ってきた。しか し、1世紀以上経った今でも、ペレス家はこのアカテナンゴ渓谷の静かな木立でコーヒーを 栽培している。 125年以上前に設立されて以来、ラ・ソレダには変わらないものがある。農家にはまだ電気 がなく、5代目の生産者であるラウル・ペレスは、今でもコーヒー畑の静けさの中で太陽と 一緒に昇っている。21世紀の夜明けを迎えたラ・ソレダで栽培されている品種の中には、 19世紀末に植えられていたものと同じものもある。しかし、間違いではない。La Soledadは 徹底的に進歩的でモダンなオペレーションを行っています。緻密な農法、品種の多様化、ポ ストハーベストの厳格な管理、徹底した品質管理、絶え間ないイノベーションの精神によっ て、ラ・ソレダはワールドクラスのコーヒー農園となっているのです。その成果は、グァテ マラ・カップ・オブ・エクセレンスで7回という驚異的な受賞歴にも表れているだろう。

トップへ戻る