• グァテマラ アントニオ・コロン

    2期目のお付き合いアントニオ・コロンさん。今年は去年に比べ同じ農園内でも高標高のみのブロックで収穫されたロットを選んだためより甘く美味しいコーヒーになりました。

    生産地:パレンシア
    標高:1500m
    品種:マラカツーラ
    精製方法:ウォッシュト
    SCA評価:85.75

この自治体の名前は、植民地時代に「サンホセ」と呼ばれていた場所が、マティアス・デ・パレンシアによって買収され、時間の経過とともに地域全体を、「パレンシア」として知られるようになりました。

30年以上コーヒー栽培に従事してきたコロム家は、未開拓の山、川の源、そして未開発のマイクロリージョンそのものをコーヒー農園用に耕し、厳選された品質を提供するよう努力してきました。環境にやさしい有機肥料を使用し、コーヒーの世話をするチームと一緒に毎日コーヒー農園を散策します。現在の農場の所有者であるドン・アントニオ・コロムは5年間働き、農園とコミュニティに、常にコーヒーの品質と社会的支援を両立させ、両方に利益をもたらすことに成功しました。長年、彼は自分の土地と農場が提供する品種、そして農場内の水源を研究してきました。これらすべてが求める品質に到達します 。

チェリーを収穫後12 時間ほど寝かし、果肉除去し、ウエットファーメンテーションを 24 時間行います。その後、水洗いしパティオで 10-15 日間乾燥させます。

今まで見てきた農家さんの中でも、従業員に対し本当に優しいトノさん。体調が悪い従業員がいると薬や栄養剤をわざわざ渡しに行く、仕事が大変そうなら自ら率先して手伝いにいく。一緒にいたからこそ見れた素晴らしい彼のふるまい。コーヒーにもそれが表現されていると思います。今年は標高の高いエリアのみのサンホンロットです。

<COE Guatemala受賞歴>

2017年 22 位( 86.50 Maracaturra Washed)

トップへ戻る