• ホンジュラス ベラルミノ・コントレラス

    ホンジュラスでもっとも優良な産地と言えばサンタバルバラと言っていいかもしれません。生産者の多くは小農家ですがそのほとんどに顧客が付いているので安心してコーヒー生産に取り組めているそうです。

    生産地:ホンジュラス サンタバルバラ県ラスフローレス
    標高:1500m
    品種:パカス
    精製方法:ウォッシュト

 父は私が生まれる前から素晴らしいコーヒー農家で、子供の頃からよく働くことを教えられ、私は収穫の間、コーヒーを洗ったり、乾燥させたりしていました。私は20歳の時に父の農場をいくつか任され、30歳の時に初めて自分の農場を持ちました。父が遺産としてくれた土地に、コーヒーを植えました。それ以来、私はコーヒー農家を営んでいます。​

 7年前、私はサンタバルバラのラス・フローレスに土地を購入しました。この土地にはポテンシャルがあり、スペシャルティコーヒーの生産を考えていました。2年前、私の兄フアンはすでにスペシャルティコーヒーを販売しており、彼は私にマイクロロットのスペシャルティコーヒーを作ることを教え、助けてくれました。​

 今年は私たちの地域では生産コストが非常に高く、それがコーヒー生産を複雑にしています。労働者が不足しているため人件費が高く、農業資材のコストも高いなどです。​今後はゲイシャやSL28のような品質の良い品種を新しく植えたいと思っています。​

水洗式:チェリーは毎日午後に完熟したものを丁寧に摘み取り、パルプを取り除き、パーチメントを発酵タンクに入れ、18時間ドライファーメンテーションさせます。その後、パーチメントは大量の水で4回洗浄されます。アフリカンベッドで乾燥の間、パーチメントは手で選別され、欠点豆が取り除かれます。​

トップへ戻る