• マリサベル カバジェロHonduras

    マリサベルカバジェロさんは国内品評会(COE ホンジュラス)にて優勝経験のある超有名生産者。国内外問わず有名ロースターを顧客に持っています。当店に入荷したロットはじわ~と沁みる地味なコーヒーですがそんな所が日々にぴったりだと思います。素晴らしいコーヒーです。是非お試しを!

    生産地:ラパス県サンホセ
    標高:1500m
    品種:カツアイ
    精製方法:ウォッシュト
    SCA評価:85
    フレーバー:緑茶、アーモンド
    味わいについて:柔らかく甘い

マリーサベル・カバジェロは、コーヒーが常に生活の一部となっている家族の出身です。
1910 年、彼女の曾祖父フェリペ ガルシアは食料品と引き換えにドイツへコーヒーの輸出を始めました。
その後、農場は彼女の祖父、次に母親に受け継がれ、現在は彼女と夫のモイセス・エレラの手に渡っています。
モイセスのコーヒーへの関わりの物語は、1986 年にグアテマラでコーヒー輸出業者で働き始め、その後ホンジュラスのマルカラに転勤となり、彼はそこで出会ったマリーサベル意気投合し、結婚し、そこから 1996 年に彼らの農場プロジェクトが始まりました。
それ以来、彼らは高品質のコーヒーの生産に努め、COE ホンジュラスの品評会で何度か第1 位に輝き、ホンジュラスのすべての生産者にとってコーヒーに対する献身、革新、情熱の一例となっています。
<ウォッシュドプロセス>
収穫後、チェリーは垂直型果肉除去機を通過し、コンクリートタンク内で 12 ~ 16 時間ドライ発酵させます。
次にコーヒーを洗浄し、乾燥段階に進む前に遠心分離機で余分な水分を除去します。
大きなロットはパティオで3〜5時間「予備乾燥」させてから、グアルディオラ(機械乾燥)に70〜80時間入れます。
ただし、マイクロロットは水洗いされたあと、アフリカベッドに置かれ、11 ~ 15 日間乾燥させます。