• ケニア ンドゥンドゥリ

    近日販売開始 季節限定

    店主のコーヒーの原点、それがケニアになります。ケニアと言う産地のコーヒーに出会っていなければそれほど一生懸命にコーヒーを作ろうと思っていなかったかもしれません。ケニアであればなんでも良いというわけではなく高品質なケニアはごく一部です。

    詳しくはこちら

    SCA評価:88
    生産地:ケニア エンブ県メルータウン
    標高:1600m
    品種:SL28,SL34
    精製方法:ウォッシュト
    輸送方法:ドライコンテナ
    焙煎度:中深煎り

    詳しくはこちら
  • グァテマラWASA

    近日販売開始。
    WASA(ワサ)とは、グアテマラのスラングの言葉で、“幸運”を意味します。

    詳しくはこちら

    SCA評価:85
    生産地:グァテマラ ハラパ県マタケスクイントラ
    標高:1800
    品種:ブルボン
    精製方法:ウォッシュト
    輸送方法:リーファーコンテナ
    焙煎度:中深煎り

    詳しくはこちら
  • オールドスクール

    OldSchoolとは古き良きものを意味します。
    昔からあるどこか懐かしいほろ苦いコーヒー、昔からある純喫茶のカウンターで飲む懐かしい一杯、そんなコーヒーがOldschoolです。素材は現代の高品質規格であるスペシャルティコーヒーを使用し現代の味わいも少し足しています。
    Oldschoolはオリジナルの商品名で原料としてはブラジルカペラ農園でのストレートコーヒーとなります。

    【味わい】ナッツの風味 ほのかな苦み

    詳しくはこちら

    SCA評価:83
    生産地:ブラジル ミナスジェライス州カルモデミナス
    標高:1130m~1180m
    品種:イエローカツアイ
    精製方法:パルプドナチュラル
    輸送方法:リーファーコンテナ
    焙煎度:中深煎り

    詳しくはこちら
  • コロンビア リージョナルセレクト

    当店で長らく愛されてきたコロンビア。
    店主としては毎年品質のブレに悩むコロンビア。21年入荷のコロンビアは中々に良いと思います。甘み酸味苦み香りと全てにおいてバランスの良いコーヒー。特筆する所はないけれど日常に溶け込むほっとする良いコーヒーです。

    【味わい】ややキャラメルの風味 ほのかな苦み

    詳しくはこちら

    SCA評価:83
    生産地:コロンビア トリマ県ガイタニア地区
    標高:1650m~1900m
    品種:カスティージョ45%カツーラ40%ティピカ15%
    精製方法:ウォッシュト
    輸送方法:リーファーコンテナ
    焙煎度:中深煎り

    詳しくはこちら
  • キイロのトッポ

    ai珈琲の創業者である父がお茶のようにゴクゴク飲めるブレンドをコンセプトに作ったロイヤルブレンド。その現代版がキイロのトッポとなります。
    キイロのトッポは父が一番最初に配達とプライベートに使っていた車となります。
    キイロのトッポで海岸を走り、山を登り、雨の日や雪の日も走りました。
    キイロのトッポは父の想いを乗せて今でも走り続けています。

    【味わい】ナッツの風味 柔らかい

    詳しくはこちら

    SCA評価:83
    ブレンド内容:ブラジル サンタヘレナ農園N、ブラジルカペラ農園PN、コロンビアリージョナルセレクト

    詳しくはこちら
  • グァテマラ マイクロロット

    10月販売開始
    季節限定・不定期販売品

    詳しくはこちら

    SCA評価:85~
    生産地:
    標高:
    品種:
    精製方法:
    輸送方法:リーファーコンテナ
    焙煎度:

    詳しくはこちら
  • エチオピア

    11月前後販売開始
    不定期販売品

    詳しくはこちら

    SCA評価:85~
    生産地:
    標高:
    品種:
    精製方法:ウォッシュト
    輸送方法:ドライコンテナ
    焙煎度:

    詳しくはこちら
  • インドネシアマンデリン

    11月前後販売開始
    不定期販売品

    詳しくはこちら

    SCA評価:85~
    生産地:
    標高:
    品種:
    精製方法:
    輸送方法:ドライコンテナ
    焙煎度:中深煎り

    詳しくはこちら
トップへ戻る